2018年 5月 24日 (木)

ソフマップ通販サイト価格1ケタ間違いで騒動

印刷

   PCの量販店「ソフマップ」が運営する通販サイト「ソフマップ・ドットコム」をめぐって、「価格誤表示騒動」が発生している。本来は「¥198,000」のはずの液晶モニターを、ゼロがひとつ少ない「¥19,800」と表示。消費者からすれば「激安」だっただけに注文が殺到した。ソフマップ側は「誤表記価格での商品の販売はできない」と主張、「ほとんどの方にはキャンセルに応じていただいている」としているが、今のところ大問題にはなっていない。

あくまで「誤表記」である19,800円では売らない

価格1ケタの間違いで騒動が発生
価格1ケタの間違いで騒動が発生

   コトの発端は、掲載された30インチの液晶モニター(ブラックとシルバーの2色)が、2007年6月6日夕方から、「¥19,800」と表示された。この激安ぶりに、6月7日の午前2時過ぎには、2ちゃんねるに「30型液晶モニタが ¥19,800」というスレッドが立ち、「祭り状態」が発生した。相当数の注文が殺到したことが予想され、ソフマップの広報・IR室でも、「具体的な数については非常に申し上げにくい」としながらも、「相当数の注文があった」としている。

   ソフマップ側でも同日朝の早い段階で、この値段に気づき、該当ページを削除。「価格誤表記についてのお詫びと訂正」というコーナーを設け、正しい価格は1桁多い「19万8,000円」だという告知が謝罪文ともに掲載された。現在同ページには、

「今回、表記価格と市場価格との明らかな乖離が認められるため、ソフマップとしましては、誤表記価格での該当商品の販売はできません。該当商品をご注文いただいたお客様のお取引は、キャンセルをお願いいたします」

と書かれており、あくまで「誤表記」である19,800円では売らない、という姿勢だ。同ページには、クレジットカード払いの顧客への請求はすでにキャンセルし、銀行振り込みの顧客には、一刻も早く返金したい旨の告知が掲載されている。ソフマップも

「大部分はすでにキャンセルを了解していただいています。こちらとしては、ほっとした部分もあります。まだキャンセルに応じていただいてないお客様に対しても、引き続き誠意をもってお願いをしていきます」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中