羽田空港と上海虹橋空港チャーター便が10月にも

印刷

羽田空港と上海虹橋空港をチャーター便で結ぶ「日中シャトル便」が2007年10月8日前後から就航することになりそうだ。中国を訪問中の冬柴鉄三・国土交通相と楊国慶・民航総局副局長が07年6月25日に会談して合意した。チャーター便は日中両国がそれぞれ毎日2便ずつ計4往復する。日本側は日本航空全日本空輸がそれぞれ1日1往復を就航させる。現行の成田-上海浦東国際空港間の便に比べて飛行時間は変わらないが、両空港が都市中心部にちかいために、東京都心から上海中心部までが2時間以上短縮され、最短では4時間半になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中