2019年 10月 21日 (月)

MS「ワード」排除報道 政府の「ホンネ」ポロリ?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マイクロソフト(MS)製のアプリケーションソフト「ワード」「エクセル」を政府が原則購入しないとNHKが報じたことを受け、MS側が激怒している。政府は同局の報道を「事実誤認」などとしているが、NHK側も「取材に基づき放送したもの」としており、政府の「ホンネ」がNHK側に暴露されてしまった可能性もある。

ワードやエクセルが今後購入できなくなる?

政府がMS社製の「ワード」「エクセル」を排除?
政府がMS社製の「ワード」「エクセル」を排除?

   NHKは2007年7月1日、政府が7月2日から適用を始めた「情報システムに係る政府調達の基本指針」について、「『ワード』など 国は購入せず」と題し、

「最も広く使われているマイクロソフト社の文書や表計算のソフト『ワード』や『エクセル』は、現段階ではこうした規格に沿っていないため、業務に支障がある場合を除き原則として今後購入できなくなる」

と報じた。MS社製の「ワード」「エクセル」が国際規格やJIS規格に沿っていないため、政府の定めた指針によって、各省庁が今後「ワード」「エクセル」を購入できなくなるという内容だ。

   総務省は2007年7月2日に「情報システムに係る政府調達の基本指針」の適用を始めた、と発表した。この「基本指針」によれば、情報システムが特定業者に依存していることを問題視し、ソフトウェアの購入に際して特定業者を調達の際に指定しないことを主な「用件要求」として記載している。

   さらに、新たに購入するソフトウェアについては、国際規格やJIS規格などのオープンな標準に基づいた製品を優先する、ともしており、一見すると、NHKが報じたように、MS社製の「ワード」や「エクセル」といったソフトを今後原則購入できないようにするシステムを導入したかのように見える。
   これについて、総務省行政管理局はJ-CASTニュースの取材に対し、

「(NHKの報道は)事実誤認。入札の際に特定商標名を挙げるのをやめましょうという話。MSのソフトが(公官庁から)なくなるという可能性もあるが、そういった意図はない」

と答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中