夕張市の「めろん城」で焼酎瓶詰め再開

印刷

財政再建団体の北海道夕張市の施設「めろん城」で、ナガイモ焼酎「寅次郎」の瓶詰め作業が2007年7月4日に再開された。同施設を運営していた第3セクターが倒産したために、06年秋にこの焼酎製造は中断していた。退職した元市職員らが設立した夕張酒造が07年春に同施設の指定管理者になり、製造再開にこぎつけた。酒造施設は見学でき、物産販売施設も併設されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中