ミートホープ告発放置問題が灰色決着

印刷

農林水産省北海道は2007年7月11日、ミートホープの偽装表示に関する内部告発情報の受け渡しの有無に関する調査を事実上打ち切ると発表した。「客観的に確認資料がなく、これ以上の調査は困難」としている。農水省は、ミートホープ関係者から告発を受けた同省北海道農政事務所担当者が道庁へ告発関係文書を持参して渡したと主張し、道側は、「受理の記録がなく、(当日、道側の)担当者は出張していた」と受け取りを否定していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中