野村證券がセカンドライフに出店

印刷

野村證券は2007年7月13日、国内の金融機関では初めて3次元仮想空間セカンドライフに情報発信拠点「NOMURA CUBE」を開設すると発表した。擬似ポスターや擬似タッチパネルを利用したサービス等の告知、WEBとの連動で擬似セミナーによるショートプレゼンテーション、着信メロディのダウンロード、セカンドライフ内でのノベルティの配布などをする。同社は、「セカンドライフにいち早く進出することで、ここでのプレゼンスを確立し、当社が展開するバーチャル店舗のひとつとして、広く認知してもらう機会を広げる」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中