パチンコのマルハン マカオのカジノに参入

印刷

   パチンコ・ホールなどを経営するマルハンがマカオのカジノに本格参入する。日系企業がマカオのカジノに参入するのは同社が初めて。同社によると、マカオの大型総合テーマパーク「十六浦(ピア16)」へ参入する意向で、すでに2007年7月27日に意向書を交わしており、8月末までには協定書を締結したいとしている。現在の段階では、「具体的な参入方法や施設について決まっていることはありません」(広報担当者)という。

カジノの本場ラスベガスを抜いてマカオが世界一

マルハンは大型総合テーマパーク「十六浦(ピア16)」へ参入する意向
マルハンは大型総合テーマパーク「十六浦(ピア16)」へ参入する意向

   マルハンは京都と東京に本社を構え、日本全国に217のパチンコ・ホールと、ボウリング場やゲームセンターなど13のレジャー施設を運営している。07年3月期の売上げは1兆8149億円、経常利益は322億円のパチンコチェーンの大手だ。

   同社が参入を計画しているマカオは、06年のカジノの売上高で前年比21.3%増の約562億パタカ(約8280億円)と、カジノの本場である米国・ラスベガスを抜いて世界一となった。また2010年までに新たに9カ所のカジノがオープンする予定。07年7月6日付の深セン商報によると、マカオのカジノの07年上期(07年1~6月)売上高は368億パタカ(約5520億円)で、前年比47%増を見込んでいるという。

   中国をはじめ、他国からの入境人数でみると、06年は前年比で17.6%増の約2200万人になるなど、空前の活況を呈している。

   「詳細はコメントできない」(広報担当者)としており、参入がパチンコ施設かどうかも明らかにしていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中