2021年 9月 20日 (月)

「楽天」一部品川に移転 「ヒルズ族」時代の終焉

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   楽天が事業の一部を東品川の「楽天タワー」に移転させる。かつては、ライブドア前社長堀江貴文氏をはじめとした「IT寵児」が集い、一時代の象徴だった「六本木ヒルズ」。しかし、ライブドアヤフーはすでに「脱出」、その姿は変わりつつある。

本社機能も含めて「楽天タワー」への移転を検討

楽天などの一部移転で新しい時代を迎えることになった「六本木ヒルズ」
楽天などの一部移転で新しい時代を迎えることになった「六本木ヒルズ」

   楽天が2007年8月16日から品川区東品川の23階建てビル「楽天タワー」に一部の事業を移転することが明らかになった。同社の三木谷浩史社長は07年8月の中間決算発表の際に、オフィス機能を「六本木ヒルズ」と「楽天タワー」に集約するという考えを示しており、本社機能の移転も含めて「楽天タワー」への移転を検討している。
   同社広報は、J-CASTニュースに対し、

「(07年7月)16日から徐々に移転するのは確かだが、10月以降に移転に関する発表があるので答えられない。また、10月の発表でも本社機能を移す(と発表する)とは限らない」

   としており、本社機能までを「楽天タワー」に移転させるかについては明確にしていない。

   しかし、「楽天タワー」オープンに向けて動きが加速しているのは確かで、人材募集サイトでは「楽天タワー」の受付業務や事務業務の人材募集を多数行っているほか、最寄り駅の東京臨海高速鉄道りんかい線「品川シーサイド」駅には「楽天タワー」という表記が07年8月1日から追加された。

   東京臨海高速鉄道によれば、社内アナウンスでも「品川シーサイド楽天タワー前」と放送されるほか、ホームにも楽天のステッカーが貼られている。これらは「あくまで広告」であり「ネーミングライツ(命名権)といったことではない」ということだが、楽天が「楽天タワー」にかける思いが伺える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中