高野連の抗議に「訂正の必要ない」と読売新聞

印刷

日本高校野球連盟は、読売新聞の2007年8月2日付けの「高野連ってなに?」の記事の中の、「特待生制度は、選手強化、野球のレベルアップに何もしない高野連に代わり、私立校が財政負担をしている一面もある」の「何もしない」という記述について、「まったく事実に反する報道」として、記事の訂正と謝罪を求めていると07年7月13日に発表した。これを受け、読売新聞は07年7月14日付けの紙面で、「問題とされた記述は、高野連の活動が十分でないという趣旨の論評であり、訂正の必要はないと考えます」という読売新聞東京本社広報部の話を掲載した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中