2021年 9月 25日 (土)

朝青龍騒動 NHK特ダネがもたらした引退説

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   横綱朝青龍の「仮病騒動」が新たな局面を迎えている。NHKが「日本相撲協会が、朝青龍の帰国を認める方針」と報じたことで、様々な憶測が広がっているからだ。スポーツ紙や夕刊紙には、「廃業危機」「引退シナリオ」などと現役続行には悲観的な見方をするところが出てきた。

   これまで朝青龍は、複数の医師によって「抑うつ状態」「急性ストレス状態」などと診断され、モンゴルに帰国させるか、あくまで国内で治療させるか、相撲協会の判断に注目が集まってきた。

協会側は条件付きで帰国を認める方針?

各紙がさまざまな憶測を展開している
各紙がさまざまな憶測を展開している

   そんな中、大相撲の本場所の放映権を持っているNHKが8月20日午前5時過ぎ、ニュース番組「おはよう日本」で、「その後の医師の診察でも朝青龍の症状に改善がみられない」などとして、「(協会は)朝青龍がモンゴルに帰国して療養を行うことを認める方針」という特ダネを報じた。

   同日、国技館で協会医務委員長の吉田博之・相撲診療所長が会見を開き、朝青龍の病名は意識や記憶などが途切れたり失われたりする「解離性障害」であると新たに発表。「本人は現在混迷状態にある」などと病状を説明した。さらに、

「入院は本人が希望しないだろう。本人が望むとおりにモンゴルに帰国するのが望ましい」

と、朝青龍の意向に沿うと思われる所見を示した。
   師匠の高砂親方は「日本での入院、治療が先」と、帰国に否定的な見解を示す一方で、北の湖理事長は「医師の意見を聞き、かつ、医師の指示に従って適切に対応したい」と、事実上帰国を容認する発言をしており、事態は混迷を深めている。

   そんな中、各紙が様々な憶測を繰り広げているのだ。
   「日刊スポーツ」は、翌8月21日、「朝青龍に『ラストチャンス』が与えられる」として、協会側は条件付きで帰国を認める方針を固めた、と報じた。その条件とは(1)場所中は日本に滞在する(2)帰国中に治療、療養と思えない行為が明らかになった場合は、即刻(協会を)解雇する、というもので、念書も取る方針だと報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中