キヤノン、請負労働者を期間社員で直接雇用

印刷

キヤノンは2007年8月29日、同社宇都宮光学機器事業所の請負労働者82人を期間社員として10月1日から直接雇用する方針を明らかにした。同事業所の請負労働者らは違法な偽装請負があったとして栃木労働局に是正指導を求めている。請負労働者の正社員化を求めている労働組合側は、この措置を受け入れるが、期限付き雇用だけに不安は消えないとしている。なお、同社は、偽装請負は「なかったと認識している」と否定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中