観測ロケット打ち上げ成功 宇宙機構

印刷

宇宙航空研究開発機構は2007年9月2日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から観測ロケット「S―520-23号機」を打ち上げた。国内やカナダ、米国などの大学や研究機関が参加する観測実験で、最高高度279キロまで上昇し、リチウムを放出した。リチウムが太陽光を受けて赤く光る様子を地上から観測し、実験は成功した。赤く光った部分の形の変化を観測することで、地球と宇宙の境界領域の大気の動きが分かるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中