日本の衛星、カザフスタンで打ち上げ失敗

印刷

日本の通信放送衛星「JCSAT-11」の打ち上げが、2007年9月6日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で行われた。衛星を載せたロシアのプロトンロケットは打ち上げ間もなく墜落、失敗に終わった。JCSAT-11は、現在すでに利用されている衛星に不具合が出た際の予備機「JCSAT-R」の後継機。今回の失敗で直ちに業務に影響が出ることはないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中