厚労省、日雇い派遣に雇用保険適用

印刷

厚生労働省は2007年9月13日、日雇い派遣労働者に対し、これまで建設業の日雇い労働者に受給してきた雇用保険を適用することを決めた。日雇い雇用保険は、派遣労働者に対して適用されてこなかったが、労働者派遣法の緩和で、被保険者に該当する日雇い派遣労働者がいると判断した。
同省によれば、事業主が就労証明のために必要な印紙の購入通帳で雇用日数などを申告するほか、日雇い労働者本人が失業前2ヶ月で26日以上労働し、ハローワークを通じて求職中であることなどを申告することで、審査を経た上で失業手当が受給可能になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中