2019年 9月 15日 (日)

結婚相談所にも「サクラ」 出会い系だけじゃない「わな」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「紹介相手がサクラだった」――結婚相談・情報サービス業への苦情内容をまとめた調査報告書を経済産業省が発表した。「サクラを見破る方法」がたくさんネット上で紹介されている出会い系サイトほどではないが、「結婚相談所にサクラはいるのか」という不安はネット上で垣間見ることができる。出会い系「並」の業者もいるのだろうか。

「顔を出すだけで良いと頼まれた」女性も

結婚相談・情報サービスの会員は60万人に上るとみられる。
結婚相談・情報サービスの会員は60万人に上るとみられる。

   経産省が報告書を発表したのは2007年9月21日。国民生活センターへ寄せられたのは05年春から06年11月までの苦情・相談4,600件だった。うち、出会い系業者が結婚相談を「偽装」している場合などを除く「結婚相談・情報サービス業者」への苦情3,409件を分析した。

   「紹介相手がサクラである・パーティー等参加者が変わらない」の項目に分類されたのは、76件(他項目と重複あり)で3,400件中の2.2%だった。もっとも報告書が取り上げている分類項目ごとの苦情・相談の具体例をながめると、ほかの分類項目「希望相手から断られる」(5%)や「悪質だと感じる」(11.1%)の中でも「サクラ疑惑」を主張したそうな不満が並んでいる。分類の線引きはなかなか難しそうで、「サクラ」問題の項目と重複計算されていない可能性もある。

   分類項目「紹介相手がサクラ~」の苦情具体例は、次のようなものだ。「数回紹介してもらったが、いずれも顔を出すだけで良いと頼まれたと言い、結婚の意志のない人ばかりだった」「解約を申し出た後で急に3人の女性から連絡が入り(略)2人とは会ったが進展はしなかった。解約させないためのサクラだったのではないか」。

   ほかの分類項目にあった具体例の中でも「サクラ疑惑」を指摘する内容がある。「何人か紹介されたが、電話で話すのは駄目でメールでやりとりすることになる。(略)メール段階で断られることが続き、メールは本当に会員が出しているのか疑わしく思う」「2回メールが来て終わった。納得できない。こうした被害にあっている人が沢山いる」。もっとも、報告書に載っている苦情例は一部を除き、「相手がサクラだったから」断られたのか「本人にも問題があったから」なのかは分からないものもある。

   「サクラ体験談」はネット上にもある。Q&Aサイト「OkWave」(07年春)には、結婚相談所への入会を検討している男性が知人から「女性はサクラばかり」と言われた、として実態を質問した。自身が相談所へ入会していたことがあるという女性の回答によると、お見合いパーティーの参加途中、「サクラの女性」が回答者のことをサクラと勘違いして話しかけ「誰(スタッフ)に頼まれて来たんですか?タダで御飯も食べられるからって頼まれて来たんですけど・・もう早く帰りたーい」と言ったと報告した。もっともこの回答者は「ともかくは入会してみて会ってみない事には分からないかと思います」と入会を勧めている。別の女性の回答では、入会してパーティーに参加したが、男性から「あなたはサクラですか」と質問されたことがあったことを報告、入会を肯定的に評価していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中