2ちゃんねらー「薄気味悪い」 神戸新聞不思議なネット感覚

印刷

   2ちゃんねらーの死者追悼は、軽い、ゲーム感覚、おまけに薄気味悪い。これだけ言われて黙っていられない「ねらー」は多かったようだ。神戸新聞が2007年10月11日のコラムで述べた感想を巡って、2ちゃんねるが祭り状態になっている。きっかけは、2ちゃんねるの有志が、飛び降り自殺した私立滝川高校(神戸市)の3年生の男子生徒を悼んで同校で献花したことだった。

2ちゃんねらー追悼献花を呼び掛け

2ちゃんねらーの「まとめサイト」に掲載された献花の報告
2ちゃんねらーの「まとめサイト」に掲載された献花の報告

   男子生徒の自殺を巡って、同級生が次々に悪質な恐喝未遂容疑で捕まったことから、2ちゃんねるで誹謗・中傷の書き込みが増えている。そんな中で、2ちゃんねるの有志が「一番大切なのは追悼の気持ち」とスレッドに書き込み、誘い合わせて滝川高校で献花することを呼び掛けた。その結果、同校によると、9月30日の日曜日、趣旨に賛同した2ちゃんねらーら計約30人が訪れて献花した。

   神戸新聞もこの日、担当記者が訪れて取材したが、10月11日になってコラム「ハーバーだより」に、「ネットが介する違和感」という記事が掲載された。そこでは、指定時刻に献花した20人ほどの動機の紹介とともに、記者の「感想」がつづられている。記事の冒頭で、「『2ちゃんねる』の呼びかけに応じただけです」という集団からの返答を紹介して、次のように献花者の動機について述べている。

「参加者の多くは冒頭のような、ネットを介した軽いものだった」

   さらに、間接的な表現で、動機が「ゲーム感覚」であることを示唆。そして、最後にこう締めくくった。

「見ず知らずが一同に集う『違和感』。事件をめぐる匿名の誹謗中傷はネット上で今も止む気配がない。いじめと容易に結びつくその薄気味悪さが、ずっとぬぐえずにいる」

   「その薄気味悪さ」の「その」が何を指すかはっきりしないが、記事の題名から言っても、ネットについての指摘である印象が強い。
   もっとも、「同世代が犠牲になり、心を痛めた」(京都市の大学生)など2人の声も伝えているが、こうした「ごく普通の理由は少数」としている。
   この記事が掲載されると、2ちゃんねるで次々にスレッドが立ち、「逆襲」の書き込みがあふれた。

「新聞を読んで献花に行くのは素晴らしいがネットだと軽薄なのですか?」「ネットは絶対悪じゃないと困る、既存メディアの難癖キターw」

などなど。「これは気味悪がられるのはよく分かる」との書き込みもあったが、少なくとも最初のスレッドには、記事への反発の声が多かった。
   確かに、2ちゃんねるには、悪意を持って書いたとしか思えない書き込みも多い。しかし、だからといって「薄気味悪い」とひとくくりにされる覚えはないというのがその言い分のようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中