2018年 10月 20日 (土)

違法画像許す「ニコニコ動画」イラネ! アニメーションクリエーター「大爆発」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   インターネットラジオで、アニメーションのクリエーター達が繰り広げた議論が注目されている。「ニコニコ動画「ユーチューブ」に違法に画像をアップされたことがアニメの売り上げ不振の一つの原因とし、「不特定多数に見せる権利はこれっぽっちも与えていない!」「アゲたヤツに言いたいのは、お前は犯罪者だからな!!!」などと激しい論調だった。この番組を受けて、ネット上でも画像投稿サイトのありかたの議論が始まっている。

オマエは犯罪者だからな!!!それ、誰か捕まえて

「偽・うpのギョーカイ時事放談SUPER!」ではアニメ業界の裏話を聞くことができる
「偽・うpのギョーカイ時事放談SUPER!」ではアニメ業界の裏話を聞くことができる

   このネットラジオ番組は「偽・うpのギョーカイ時事放談SUPER!」。レギュラーはアニメプロデューサーの川瀬浩平さんと、伊平崇耶さん。2007年10月25日に放送された第四回目はアニメプロデューサー里見哲朗さんをゲストに迎えて3人のトークが展開された。

   冒頭では、5,6年前に「MP3」が登場してから違法ダウンロードが増え、音楽CDが全然売れなくなった、という例を出した。現在、「ニコニコ動画」「ユーチューブ」にアニメが勝手にアップされるようになって、同じ道をアニメ業界が歩んでしまう危機に直面しているのだという。そして、画像投稿サイトや、画像をアップする人達への激しい非難が口を突いて出てくる。

「創作物をみんなに見てもらう表現の場としてはアリ。システムは認めるよ。『やわらか戦車』などのウェブアニメーションはそうして出てきた。でもね、俺達が作ったものをオマエがアゲる権利はどこにもない!」
「アゲたヤツに言いたいのは、オマエは犯罪者だからな!!!それ、誰か捕まえて、吊るし上げなくちゃならない。1億円とかさ、それくらいの損害賠償払わせてさ、それぐらいしなきゃならないことが最近わかった」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...