営業利益が約7倍の566億円。日航グループの9月中間連結決算

印刷

日本航空グループが2007年11月6日に発表した07年9月中間連結決算によると、売上高は0・6%減の1兆1429億円だったものの、営業利益は前年同期比約7倍の566億円、純利益は約4・8倍の73億円と大幅に改善した。不採算路線の廃止や、早期退職の実施などのリストラ策、北米と中国線のビジネス利用が増えたことなどが要因。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中