2018年 7月 19日 (木)

みずほコーポレート銀行などが長プラを0.25%引き下げ

印刷

みずほコーポレート銀行新生銀行あおぞら銀行は2007年11月9日から、信用力の高い大手企業向け融資への指標金利となる長期プライムレート(最優遇貸出金利)を0.25%引き下げて、年2.2%とした。長プラの引き下げは2か月ぶり。長プラは長期国債の利回りの変動にほぼ連動するかたちで決められているが、今回の改定はその長期金利が低下傾向にあることを踏まえた措置。9日から適用する。また、住友信託銀行は同じ水準で、12日から適用する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中