NTTドコモとKDDIに「広告表示」で厳重警告 公取委

印刷

NTTドコモKDDI(au)の携帯電話料金プランの広告に対し、公正取引委員会は景品表示法第4条第1項第2号(有利誤認)の規定に違反するおそれがあるとして,2007年11月16日,厳重に警告を行った。両社は06年12月にも広告表現で「注意」処分を受けている。今回は、大きな文字で「いきなり半額」などと書く一方、途中解約時に違約金が発生するなどという表示が不十分で、利用者の「有利誤認を引き起こす」と判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中