2020年 8月 10日 (月)

GT-RとランエボDCT採用 自動車変速機に新たな競争

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   自動車のトランスミッション(変速機)は自らパワーを発生するわけではないが、車の印象を大きく左右する。もちろん走行性能や燃費性能に与える影響も大きい。そんな重要な黒子であるトランスミッションに新たな流れが起こりつつある。マニュアルトランスミッション(MT、手動変速機)をもとに自動変速機能を加えたデュアルクラッチトランスミッション(DCT)がそれだ。日産自動車の「GT-R」や三菱自動車の「ランサーエボリューションX(テン)」といったスポーツモデルに採用が相次ぎ、注目が集まっている。

全力のゼロ発進では鋭い出足にのけぞる

「GT-R」などのスポーツモデルにDCTの搭載が相次いでいる
「GT-R」などのスポーツモデルにDCTの搭載が相次いでいる

   渋滞やストップ・ゴーが多い日本国内ではオートマチックトランスミッション(AT)と自動無段変速機(CVT)が新車販売の圧倒的多数を占める。かつて主流だったMTは市場から追いやられ、わずかにスポーツモデルやコンパクトカーの一部に残るという状況だ。

   それでもなお峠道を好んで走るようなスポーツドライビング派がMTを支持するのは、スピードに合わせてギアを選択でき、アクセルペダルと直結した意のままの加減速が味わえるからにほかならない。燃費も依然、MTが有利なことは変わらない。それに対してATはトルクコンバーターという流体を介する機構が挟まるだけに、ダイレクト感に欠け、優れた燃費も望めないのが弱点とされてきた。CVTも大パワーには適さず燃費向上のツールという色合いが濃い。

   DCTはMTのダイレクト感とATのイージーさ、スムーズさを兼ね備えたトランスミッションを目指して開発された。フォルクスワーゲンが有力部品メーカーのボルグワーナーと協業して2003年の「ゴルフR32」に初めて搭載した。MTをベースにした2ペダルのシステムで、奇数段、偶数段に2つの(デュアル)クラッチを備えることで素早くスムーズな自動変速を可能にしている。

   DCT(フォルクスワーゲンはDSGの名で商標登録している)を搭載した「ゴルフGT TSI」をドライブするとATとの違いは一目瞭然。全力のゼロ発進では鋭い出足にのけぞるが、トルクコンバーターでトルクを増幅させるATのフワッとした加速感とは異なり、エンジンのトルクがストレートにタイヤに伝わる感じがする。1速で不用意にアクセルを操作するとギクシャクしがちなのもMTと共通する

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中