2019年 8月 26日 (月)

新聞社ニュースサイト戦争「毎日」躍進はヤフー頼み?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ウェブサイトをリニューアルしたばかりの毎日産経の2社だが、両方とも大幅に躍進、という結果が出た。いずれも、提携先のポータルサイトから大量のアクセスが流入していることが原因で、いわば「アクセス増はポータル頼み」という状況になりつつある。これに対し、ポータルとの連携が少ない読売、朝日、日経は微減傾向と対照的な動きを見せている。

「MSN産経」2.4倍、「毎日」は17%増加

毎日新聞のサイトは利用者が17%増加した
毎日新聞のサイトは利用者が17%増加した

   ネット視聴率調査会社のネットレイティングスは2007年11月21日、07年10月のインターネット利用動向調査を発表した。それによると、10月にサイトをリニューアルしてスタートした産経新聞の「MSN産経ニュース」と毎日新聞の「毎日.jp」は、旧ニュースサイト「Sankei Web」「MSN毎日インタラクティブ」を大幅に上回る利用者を集めた。

   9月の「Sankei Web」の家庭からの利用者は169万人だったのに対して、「MSN産経ニュース」の利用者は414万人。実に2.4倍に増えた。一方の毎日新聞だが、9月の「MSN毎日インタラクティブ」の404万人だったのに対し、10月の「毎日.jp」の利用者は472万人と、17%の増加となった。

   サイトを特にリニューアルしなかった3社の10月の利用者数は、読売新聞の「YOMIURI ONLINE」が581万人、朝日新聞の「asahi.com」が407万人、日経新聞の「NIKKEI NET」が321万人と、いずれも9月から微減傾向だった。

   産経新聞と毎日新聞が「躍進」した理由は、実はポータルサイトからのリンクにある。産経は、MSN Japanのリンクをたどってきた利用者の割合が56.5%。一方の毎日新聞は、実に72%の利用者が、配信先でもある「Yahoo!ニュース」の「関連記事」から貼られたリンク経由でアクセスしている。ちなみに、マイクロソフトと共同で運営していた旧サイトでは、56.5%がMSN Japan経由のアクセスで、ネットレイティングスでは

「MSN Japan利用者はニュースの提供元が変わっても、ニュース閲覧行動にはほとんど変化のなかったことを示している」

   と分析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中