2019年 1月 22日 (火)

新聞社ニュースサイト戦争「毎日」躍進はヤフー頼み?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ウェブサイトをリニューアルしたばかりの毎日産経の2社だが、両方とも大幅に躍進、という結果が出た。いずれも、提携先のポータルサイトから大量のアクセスが流入していることが原因で、いわば「アクセス増はポータル頼み」という状況になりつつある。これに対し、ポータルとの連携が少ない読売、朝日、日経は微減傾向と対照的な動きを見せている。

「MSN産経」2.4倍、「毎日」は17%増加

毎日新聞のサイトは利用者が17%増加した
毎日新聞のサイトは利用者が17%増加した

   ネット視聴率調査会社のネットレイティングスは2007年11月21日、07年10月のインターネット利用動向調査を発表した。それによると、10月にサイトをリニューアルしてスタートした産経新聞の「MSN産経ニュース」と毎日新聞の「毎日.jp」は、旧ニュースサイト「Sankei Web」「MSN毎日インタラクティブ」を大幅に上回る利用者を集めた。

   9月の「Sankei Web」の家庭からの利用者は169万人だったのに対して、「MSN産経ニュース」の利用者は414万人。実に2.4倍に増えた。一方の毎日新聞だが、9月の「MSN毎日インタラクティブ」の404万人だったのに対し、10月の「毎日.jp」の利用者は472万人と、17%の増加となった。

   サイトを特にリニューアルしなかった3社の10月の利用者数は、読売新聞の「YOMIURI ONLINE」が581万人、朝日新聞の「asahi.com」が407万人、日経新聞の「NIKKEI NET」が321万人と、いずれも9月から微減傾向だった。

   産経新聞と毎日新聞が「躍進」した理由は、実はポータルサイトからのリンクにある。産経は、MSN Japanのリンクをたどってきた利用者の割合が56.5%。一方の毎日新聞は、実に72%の利用者が、配信先でもある「Yahoo!ニュース」の「関連記事」から貼られたリンク経由でアクセスしている。ちなみに、マイクロソフトと共同で運営していた旧サイトでは、56.5%がMSN Japan経由のアクセスで、ネットレイティングスでは

「MSN Japan利用者はニュースの提供元が変わっても、ニュース閲覧行動にはほとんど変化のなかったことを示している」

   と分析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中