文芸部門は「ケータイ小説」がベスト3独占 07年ベストセラー

印刷

書籍流通大手のトーハンは2007年12月4日、07年の書籍のベストセラーを発表した。文芸部門では、「ケータイ小説」がベスト3を独占し、ベスト10中5作がランクインした。1位は、新垣結衣さん主演で映画化され話題になっている、美嘉著「恋空」で、上下刊合わせて200万部を売り上げた。2位はメイ著「赤い糸」、3位は美嘉著「君空」だった。
一方、総合ランキングで1位に輝いたのは、坂東眞理子著「女性の品格」で、田村裕著「ホームレス中学生」、渡辺淳一著「鈍感力」が続いた。「恋空」は10位だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中