少年マガジン、「メガバカ」盗用で謝罪

印刷

マンガ雑誌・週刊少年マガジン増刊「マガジンドラゴン」2007年1月11日増刊号(講談社)に掲載された豪村中氏の「メガバカ」に盗用があったとして、同誌編集部は2007年12月21日、ホームページに謝罪文を掲載した。「メガバカ」発売後から「デスノート」などに複数の作品に似ているという指摘が相次いでおり、編集部で調査したところ盗用の事実が認められ、また作者も認めたという。編集部は「今後は二度とこのようなことが起こらぬよう、編集部として新人漫画家への指導を厳にするとともに、将来の漫画界を担う若い力を育てていきたいと思っております」と述べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中