2019年 12月 10日 (火)

「軽油」に代わる次世代燃料 「FTD燃料」とはどんなもの?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東京都では排出基準を満たさないディーゼル車の運行が禁止されている。石原慎太郎都知事が規制に躍起になる理由は、粒子状物質や窒素酸化物が、大気汚染物質の発生を引き起こし、健康に悪影響を与えるとされるためだ。一方、トヨタ自動車昭和シェル石油日野自動車ら5社は、2007年12月4日に「FTD燃料」を使用した車両の公道走行試験を開始した、と発表した。「FTD燃料」はディーゼル車に使用される「軽油」に代わる次世代燃料として注目を集めている。環境によいとされる「FTD燃料」とはどんなものなのか?

「スス」がほとんど出ない

「FTD燃料」の実用化にむけて走行実験が始まった
「FTD燃料」の実用化にむけて走行実験が始まった

   「FTD燃料」について、今回の実験の参加企業である日野自動車広報に問い合わせてみたところ、

「FTD燃料とは、フィッシャー・トロプシュ(Fischer-Tropsch)反応によって製造される軽油(Diesel)と似た成分を持つ合成液体燃料のことです。天然ガス、石炭、バイオマスといった様々なエネルギー資源から燃料を作り出すことができます。『軽油』に代わる次世代燃料として期待されています」

と解説する。将来的には、日本では、「軽油」を燃料とするトラックに使用されるそうだ。

   さらに、トラックから排出される真っ黒な「スス」の原因となっている粒子状物質(PM)を、軽油に比べて約50%、炭化水素(HC)や一酸化炭素(CO)を約20%低減することができるという。同広報は、

「FTD燃料は、『スス』の原因である硫黄分やアロマ分といった不純物をほとんど含まないため『スス』がほとんど出ないんです」

と続ける。通常、排気ガス中に含まれる一酸化炭素や硫黄酸化物が排出されることがないために、環境性能がよく低公害化を望めるというわけだ。

   FTD燃料は、近年、プラント(FTD燃料を作る工場)の規模が拡大したことや技術力が上がり製造のコストが下がったことで注目を集めている。南アフリカ、マレーシア、カタールなどでは1日に3万バレルほど製造されているし、2010年にはカタールに14万バレルを製造できる大規模なプラントが稼動する予定となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中