2018年 7月 23日 (月)

家庭で充電できる新世代ハイブリッドカーを2010年までに発売 トヨタ

印刷

   トヨタ自動車は、リチウムイオン電池を搭載した新世代のプラグイン・ハイブリッドカーを2010年までに発売する。2008年1月13日、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で発表した。プラグイン・ハイブリッドカーは一般家庭の電源から充電できる「新世代型」で、多くの電気を蓄えられるようにして電気走行を増やすことで、現行の「プリウス」よりも二酸化炭素(CO2)の排出量を減らす。搭載するリチウムイオン電池はトヨタと松下グループが共同出資しているパナソニックEVエナジーが量産化を検討。トヨタは、「今回の発表はプラグインハイブリッド車の普及に向け、次のステップに進むもの」としている。
   なお、北米市場で販売している大型ピックアップトラック「タンドラ」と大型SUV「セコイア」に、新型V8クリーンディーゼルエンジンを近く投入することを併せて発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中