2019年 5月 27日 (月)

「JASRAC批判記事」で週刊ダイヤモンドに賠償命令 

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「週刊ダイヤモンド」の記事で名誉を傷つけられたとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)が、ダイヤモンド社と記者1名に約4300万円の損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁(加藤謙一裁判長)は2008年2月13日、550万円の支払いを命じた。
   「週刊ダイヤモンド」2005年9月17日特大号では、「音楽を食い物にする呆れた実態」などと題して、「不透明」「非民主的」などの表現を使ってJASRACの著作権使用料の徴収や配分の実態に疑惑があると報じていた。加藤謙一裁判長は、「真実であることの証明がなく、真実であるとか正しいと信じる相当の理由も見当たらない」と記事内容について指摘。JASRACが求めていた謝罪広告の掲載については認められなかった。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中