2019年 9月 23日 (月)

「座りション男」急増対策  第3スタイルの「新商品」がヒット

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   「座りション男」が急増して、難問が出現している。洋式便器の前方は短く浅くなっているので、男性が腰を下ろして用をたすと、尿が跳ね返ったり飛び散ったりしてしまう。この解決策にと、山形県の主婦が第3のスタイル「ひざ立ちション」を提案する新商品、その名も「天使のひざ枕」を考案。インターネットで販売を始めたところ、ちょっとしたヒット商品になっている。

いまの洋式便器は男性の「座りション」に向いていない

「天使のひざ枕」のネット販売が人気だ
「天使のひざ枕」のネット販売が人気だ

   「立ちションは男の特権」などという中・高年の男性もいないわけではないが、松下電工が2007年12月12日に発表した「トイレ使用実態調査」によると、1999年に85%いた「立ちション」派は、2007年には51%にまで減っていた。

   「座りション」派が増えている背景には「清掃の手間」があるとされる。「立ちション」だと「うまく的に当たらない」「便器に当たった小便が飛び散る」などでトイレが汚れ、掃除する主婦にはたまらなく嫌だ、というわけらしい。

   このため、便器メーカーのTOTOでは悪臭成分を分解する抗菌材を床に使用し始めた。松下電工では便器のコンパクト化や便座の開口寸法を従来より15ミリ大きくした315ミリにしたりと、商品の改良・開発に乗り出している。

   しかし、どちらかといえば「掃除のしやすさ」にウエートが置かれ、肝心の「尿の飛散」の解決はできていない。それどころか、「座りション」派は増えているが、いまの洋式便器は前方が短く浅くできているので尿の飛散とともに、「油断すると(尿が)跳ね返って手についたりして不衛生」(快適・らいふ研究所)であることが指摘されている。そもそも、いまの洋式便器は男性が「座りション」をするようにはできていないのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中