「AKB48」の「悪魔の握手会」商法 「ファンに多大の負担」宣言

印刷

   アイドルユニット「AKB48」が、握手会を告知した動画で、その商法について、「ファンの皆様に多大な負担を強いる」などと紹介していたことが分かった。シングルを買ったファンのみが、メンバーと握手できるのだが、題して「AKB悪魔の握手会」。握手会は「光速で流される」、つまりファンに立ち止まらせないもので、不謹慎な内容だとの批判が出ている。

メンバーは「もうやめて、ファンの皆さんに負担をかけないで」

AKB48の公式サイト
AKB48の公式サイト

   AKB48(エーケービーフォーティエイト)を巡っては、シングルCDにランダムで付くソロポスターの景品をメンバー分44枚そろえればイベントに招待するという企画に批判が集中。発売元のデフスターレコーズが2008年2月28日、独禁法違反(不公正な取引)の疑いがあるとイベント中止を決めた。また、フォトアルバムに付く2015年の招待チケットが景品表示法違反(有利誤認)の疑いがあるのではないか、と専門家が指摘していた。

   シングルは3種類あるとはいえ、44枚買えば、そのほとんどが同じものになる。そして、若い世代のファンが多いにもかかわらず、フォトアルバムと同様に、5万円以上の買い物になることにネット上で批判が高まっていた。ところが、そうした批判を意に介さないかのようなAKB48の公式動画が作られていたことが分かった。

   この動画は、東京・品川区内で08年3月1、2日に行われたAKB48の握手会の告知用に作られたものだ。その場でシングルを買ったファンのみが、メンバーと握手できる。題して「AKB悪魔の握手会」。

   その中で、シングルなどの商法を巡って、メンバーと受け答えのような部分があった。AKB48の篠田麻里子さんが動画に登場し、「CDって普通、1枚しか買わないじゃないですか。ファンの皆さんに無理させてるんじゃないかって心苦しいんです」と語った。さらに、メンバーの峯岸みなみさんは、動画の中で「もうやめて、ファンの皆さんに負担をかけないで」と舞台のようなところで絶叫している場面が映っている。

   これに対し、ナレーションは、メンバーの声をあざ笑うかのように、「ファンの皆様に多大な負担を強いる禁断のイベント」と握手会を紹介していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中