2019年 9月 16日 (月)

読売記事で「会社員」ブログ炎上 「炎上して当然」発言が引き金

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   読売新聞の連載「ネット社会 深まる闇」をきっかけに、記事に書かれた「東海地方に住む男性会社員(29)」のブログが炎上する騒ぎになっている。この「会社員」は記事の中で、ネットでの不用意発言は「炎上して当然」と言っていたが、取材での不用意発言がブログを炎上させる皮肉な結果になったようだ。

「会社員」は読売の記事の狙いに疑問を持つ

読売の記事掲載を明かした「会社員」のブログ記事
読売の記事掲載を明かした「会社員」のブログ記事

   読売の記事は、2008年3月1日付朝刊1面の「ゲーム感覚 悪意の増殖」。ネット上の炎上や祭りについてリポートし、他人を叩くことを楽しむように見える一人として、東海地方の男性会社員を紹介した。この会社員は、ブログで騒ぎをあおり、不用意発言は「炎上して当然」と言った、と記事で紹介していた。

   ところが、ネット上のネタやニュースを紹介しているブログ「秒刊SUNDAY」の管理人が、ブログの3月1日付記事で自らがその会社員だと明かしたことで騒ぎが始まった。この「会社員」は、その後、2ちゃんねるのスレッドをアフィリエイト広告付きのまま自らのブログに転載。これに怒ったねらーがコメント欄を荒らして、ブログが炎上する騒ぎになった。

   ねらーは、この「会社員」がブログを他のサイトに飛ぶよう偽装したりしたなどと非難。これに対し、「会社員」は、3月2日のブログ記事で、ブログへの転載を正当化し、2ちゃんのスレは捏造だと反論した。一方で、読売に対しても噛み付いた。

「なんかおかしいと思っていたが、読売の記者ってねラーだったんだろ? 秒刊潰す為に、記事書いて、んで都合よく炎上させて騒ぐ」

として、記事訂正を申し込むことを明らかにしたのだ。

   「会社員」は、J-CASTニュースの取材に対し、記事が間違っているというのではなく、記事の狙いに疑問を持っていると回答した。

「担当者にこんなスレッドがたってますよ的なメールをだしました。しかし返事がなかったので、『おや?』と思っているわけです」

   そこで、J-CASTニュースでは、読売側に事実関係を聞こうとしたが、広報部では「取材源に関する質問には、一切お答えできません」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中