2018年 7月 22日 (日)

ニフティ 韓流コンテンツなどで改ざん被害

印刷

   ニフティは2008年3月18日、同社のポータルサイト「@nifty」のコンテンツの一部が不正に改ざんされ、閲覧しただけでウイルス感染の危険があった、と発表した。
   不正に改ざんされたのは、「@nifty韓流」と「太王四神記公式ホームページ」で、前者は3月11日に改ざんが発覚、それ以降サービスを停止している。後者は現在復旧しているが、2月26日~3月11日まで改ざんされた状態が続いていた。同社によると、感染の恐れがあったウイルスは、対策ソフトを利用していれば感染しない種類だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中