「クラウン」ハイブリッド 予約殺到に潜む不安

印刷

   トヨタ自動車の13代目「クラウン」に新設定されたハイブリッド車の販売で、全国のトヨタ店(東京地区は東京トヨタと東京トヨペット)は不安を抱えている。発売開始は2008年5月6日だが、人気は高水準で推移し、すでに納車が7月以降の状況にある。好調注文が増えれば納期はさらに伸びる。今後、殺到するとみられる注文をどうするのか、お客は待ってくれるのか。販売店は早くも悩んでいる。

開業医や弁護士など個人事業主が予想以上に関心示す

「クラウン」ハイブリッドモデルへの予約が殺到している
「クラウン」ハイブリッドモデルへの予約が殺到している

   08年2月18日に発表・発売された13代目クラウンの発表後1ヶ月間の累計受注台数は約2万4000台。2003年12月に発表・発売された12代目クラウンの発表後1ヶ月累計受注台数約2万2千台を上回った。12代目の月販計画台数は5000台、13代目は5500台で、累計受注実績はともに月販計画の4倍超を果たした。

   13代目の発表時にマスコミに公表した発売後1ヶ月間の累計受注目標は月販計画の2倍となる1万1000台。だがトヨタは販売店に対し、月販計画の2倍ではなく4倍の受注台数の確保を最低限達成するように指示していた。3月中旬までは、この高い目標に対して到達が困難との見方もあったが、なんとか超えることができたわけだ。

   販売店が4倍の目標達成に苦戦したのは、東京などにおける個人事業主の新車代替獲得が難航したためだ。この結果、累計受注台数のうちの法人契約者の比率は12代目の30%に対して13代目は35%となり、法人ユーザーの比率が増えた。

   燃料価格の高騰やCO2排出量削減に対する取り組みなどにより、企業のハイブリッド車に対する関心は高まるばかりの状況にある。クラウンの購入層は企業や官公庁、団体、個人事業主、個人など幅広い。とくに開業医や弁護士、個人タクシーなどの個人事業主が予想以上にハイブリッドに関心を示したという。

   1ヶ月間の累計受注台数の構成比は、12代目のロイヤル70%、アスリート30%に対し、13代目はロイヤル50%、アスリート40%、ハイブリッド10%となり、13代目は12代目よりもアスリートの比率が上昇した。それでも、ユーザー層の若返りがそれほど進んでいないのでは、という心配がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中