ソフトバンク携帯 電源入らぬ不具合で販売一時停止

印刷

   ソフトバンクモバイルは2008年3月27日、携帯電話「822P」(パナソニックモバイルコミュニケーション製)で、電源が切れた後に電源を入れようとすると電源が入らない不具合があった、と発表した。「822P」は08年2月16日から販売しているが、同社は現在の販売を一時停止した。
   原因は、ソフトウェアの不具合で、利用者については携帯電話を預かり、無料で修理するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中