2018年 7月 19日 (木)

「日本人に銛打っても許される」 豪州反捕鯨番組の異常さ

印刷

   豪州で放送されたと思われるテレビ番組の映像が動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」にアップされ、捕鯨派と反捕鯨派がコメント欄で熱いバトルを展開している。この番組は、「調査のために捕鯨が必要というなら、日本人を知るために日本人に銛を打っても許されはず」といった論理で展開されており、「冗談」にしても度を超えている。日豪間の捕鯨をめぐる考え方の断絶は絶望的だ。

街中で日本人を見つけて銛を発射しまくる

YouTubeには「日本人に銛打っても許される」ともとれる豪州の映像が・・・
YouTubeには「日本人に銛打っても許される」ともとれる豪州の映像が・・・

   この動画はプロフィールを見る限り豪州人が08年2月ごろに掲載したもののようだが、タイトルは「人種差別主義の豪州と日本の捕鯨」。この動画は、豪・大手メディアで放送されたと思われるバラエティ番組を編集したものだ。

   番組中ではレポーターが在豪日本大使を直撃し、「あなたは、日豪の関係を良くするために、研究目的で日本人を数人殺すことに賛成しますか?」といった質問を投げかけるが、大使には「どういうこと?」「失礼だよ」とあしらわれる。しかし、これだけに止まらない。

   スタジオに場面が移ると、「(大使は)ダメ(NO)とは言ってないよね?」「大使の許可が頂けたようなので、実験で日本人に銛を打ってみました!」と、現地に観光で来ていると思われる日本人に対して、リポーターがおもちゃの銛を打つ場面が流れる。番組はコメディ調で、笑い声がところどころで流されるが、内容は刺激的なものだ。

   シドニーにいた日本人女性に対し、男性レポーターは「研究目的のためにあなたを殺してもいいですか?」と質問。日本人女性は「嫌です」と述べるが、「銛(ハープーン)ってあなた好き?」と聞いて女性が「ハープーン?」と訝ると、レポーターは途端におもちゃの銛を女性に向けて発射。「死ななかったね~。どうやって君のこと知ればいいんだ?」と叫んだりしている。

   さらに、「調査目的だ!」といって、街中で日本人を見つけて銛を発射しまくる、という場面もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中