2018年 7月 19日 (木)

硫化水素の自殺報道で自殺予防学会が配慮呼び掛け

印刷

   医師や臨床心理士などでつくる日本自殺予防学会は2008年4月18日、有毒な硫化水素を発生させる自殺を誘発しないよう報道に配慮を求める緊急アピールを出した。家庭用洗剤などを使って硫化水素を発生させる自殺が相次いでいることから。硫化水素による自殺は、08年に入ってネットなどを通じて広まり、家族や近所の人が巻き添えになるケースも出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中