日本郵政と日通の宅配便統合、最終契約が8月に延期に

印刷

   日本郵政グループ日本通運は2008年4月25日、宅急便事業統合の基本合意書を締結した、と発表した。当初4月に予定されていた最終契約は8月にずれ込む。作業が多岐にわたり、交渉に時間がかかっているのが原因。08年6月に新会社を立ち上げ、09年4月の事業統合を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中