ソフトバンク、中国大手SNSを買収

印刷

   ソフトバンクは2008年4月30日、中国インターネット大手「オーク・パシフィック・インタラクティブ(OPI)」の株式の約14%を約100億円で取得したことを明らかにした。OPIは、会員数約2200万人の学生向けSNS「校内網」を運営していることで知られる。孫正義ソフトバンク社長はOPI取締役に就任し、最終的は約400億円を投じ、出資比率を約40%にまで高める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中