官公庁でのコピー用紙、古紙100%以外も容認へ

印刷

   製紙会社が再生紙の古紙配合率を偽装していた問題で、環境省の有識者検討会は2008年4月30日、官公庁に古紙配合率100%のコピー用紙利用を義務づけているグリーン購入法について、間伐材など環境に配慮した原料であれば、最大30%程度は古紙でなくても良いとする報告案をまとめた。古紙の十分な供給が確保できない場合に備えた。6月下旬に基本方針が閣議決定される予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中