2007年度の住宅着工 過去2番目の19.4%減

印刷

   2007年度の新設住宅着工戸数は、前年度比19.4%減の103万5598戸で、5年ぶりに減ったと、国土交通省が08年4月30日発表した。74年度に次いで過去2番目の下げ幅となった。建築確認を厳しくした07年6月の改正建築基準法施行による影響とみられている。

   内訳は、持ち家が12.3%減の31万1803戸、貸家が19.9%減の43万867戸、分譲住宅が26.1%減の28万2617戸だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中