2018年 7月 21日 (土)

興味ある資産運用 「外貨預金」がトップ

印刷

   新生銀行はこのほど、首都圏在住者に対し興味を持っている資産運用手段を聞くネットアンケート調査の結果を発表した。それによると、トップは「外貨預金(普通・定期)」で、全体の28.0%を占めた。続いて、2位は「株式」25.2%、3位「FX(外国為替証拠金取引)」21.0%、4位「投資信託」20.8%だった。

   また、現在行っている資産運用についてもアンケートした。その結果、「普通預金」80.7%、「定期預金(1年以上)」48.5%。「株式取引」43.7%、「投資信託」30.7%の順だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中