2018年 7月 23日 (月)

QC活動の残業代支給 スズキとコマツも検討

印刷

   トヨタ自動車が、生産現場の従業員が勤務時間外に小集団で行うQC(品質管理)サークル活動「カイゼン」に残業代を全額支給することを決めたことを受け、スズキコマツもQC活動への残業代支払いを検討していることが2008年5月23日に明らかになった。

   スズキは、QC活動について業務に直結しない部分が多いとして残業代は支給せず、援助金として時間当たり200円を支給していた。しかし、「検討していかなければならない時期になった」(広報部)として、残業代を支払うことを検討する。

   コマツは、企業として組織的に行っているQC活動については業務として扱い、残業代を支給しているが、上司の指示がなく小集団で自主的に行っているQC活動については残業代を支給していなかった。同社は「あいまいな部分がある」として、自主性が高いQC活動についても「今後、(残業代を)支給する方向で検討する」(広報グループ)としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中