日本水連、スピード社水着「解禁」決定

印刷

   日本水泳連盟は2008年6月10日、常務委員会を開き、競泳の日本代表選手が北京五輪で着用する水着は選手が自由に選べることを決めた。これにより、着用した選手に日本新記録が続出していた英スピード社製水着「レーザーレーサー(LZR)」の五輪での使用が解禁された形だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中