2018年 7月 21日 (土)

参院、首相の問責決議を可決

印刷

   民主党などが参院に提出していた福田康夫首相への問責決議案が、2008年6月11日午後に開かれた本会議で採決され、野党側の賛成多数で可決された。賛成は131票で反対は105票だった。参院での首相に対する問責決議は初めて。問責の理由は、野党側が提出していた後期高齢者医療制度の廃止法案に与党側が反対したため。与党側は6月11日中にも衆院で内閣信任決議案を提出して対抗する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中