2020年 9月 23日 (水)

短すぎるスカートは「下品」 女子高生の最新トレンド

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   下着が見えるのではないかと周りがヒヤヒヤするくらいに短かった女子高校生のスカート丈に変化が見える。東京・渋谷では短すぎるスカートは「下品」といわれ、最近では数センチ長めにして、清楚にキメるのが主流のようだ。

ベストセラー「女性の品格」も影響?

ひらミニでかわいく脚見せ 「REVROSSA CLARITY」
ひらミニでかわいく脚見せ 「REVROSSA CLARITY」

   女子高生のスカート丈は本当に長くなっているのだろうか。女子高生が主な読者という雑誌「ポップティーン」の編集者はこう説明する。

「10センチとまではいかないが、下着が見えそうなくらいに短いスカートを履いている女子高生は渋谷で見なくなった」

   半年ほど前から短すぎるスカートは、「下品」「イケてない」という意識に変わってきた。編集者によると、肌をあまり露出しない「清楚」なファッションが20~30歳代の女性の間で人気となり、女子高生にも影響したのだという。

   そもそも、こうした「お嬢様ファッション」が流行るきっかけとなったのは、昭和女子大学学長・坂東眞理子氏が書いて07年にベストセラーとなった「女性の品格」。この本の影響でOLを中心に清楚な着こなしが広まったが、08年にはこれが女子高生にも波及したと見られている。

   制服のスカート丈が長くなるとともに、私服のトレンドも変化している。「渋谷109」内でギャル社長こと藤田志穂さんが経営するギャルショップ「REVROSSA CLARITY」(シホ有限会社G-Revo)には、女子高生の客も訪れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中