温暖化ガス、2050年までに半減を目標 G8が一致

印刷

   北海道・洞爺湖で開かれている主要国首脳会議(洞爺湖サミット)は2008年7月8日、G8が2050年までに世界全体の温暖化ガス排出量の少なくとも50%の削減達成を長期目標とすることで認識が一致した。気候変動と闘うために力強い指導力を発揮することを再確認し、この目標を国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の全締結国と共有する。

   また、世界経済では外国為替市場の安定化に向けた協調で一致。原油価格の高騰を受けて、産油国と消費国との会合を進めるため、新たな国際的な枠組みづくりをめざすことも確認した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中