「日本の宇宙船購入」報道 NASAが声明で全面否定

印刷

   NASAが日本の宇宙船購入の検討と打診をしているとする読売新聞などの報道に対し、NASA側が全面否定している。文科省など日本側も、NASAと同様の見解だ。しかし、NASA予算教書には、購入可能性の記述があり、真相は藪の中だ。読売新聞社では、「紙面に掲載された内容がすべて」としている。

50年にわたる日本の宇宙開発史上初の超大型取引?

報道全面否定の声明文を載せたNASAのサイト
報道全面否定の声明文を載せたNASAのサイト

   2008年7月20日日曜日の読売新聞朝刊1面トップに、「シャトル後継 日本製打診」という大見出しが踊った。記事を読むと、日本が開発中の無人宇宙輸送機「HTV」は1機約140億円で、NASA(米航空宇宙局)が買えば、「50年にわたる日本の宇宙開発史上初の超大型取引」とある。

   これが事実とすれば、飛び切りの大スクープだ。あのNASAが日本製を買うというのだから、ビックリ仰天した人も多いに違いない。

   それによると、NASAは、2010年に退役させるスペースシャトルの後継機としてHTVの購入を検討。08年2月以降から、文科省所管の独立行政法人「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」に打診しているというのだ。HTVは、JAXAと三菱重工業三菱電機などが開発しており、最大6トンの荷物を積み込める。NASAでは、後継機の運用が2018年以降になるため、その間の空白期に、HTVに水や食糧、実験機器などを国際宇宙ステーションに送ってもらうとしている。

   この「特報」に対し、毎日新聞も21日付朝刊で、同様な内容の後追い報道をした。

   また、韓国最大部数の朝鮮日報も同日、「NASA、日本製の宇宙船購入か」と報じており、国際的にも波紋を呼んでいる。

   ところがだ。そのNASAが公式ホームページの中で、これらを「不正確な報道」と全面否定したのだ。

   21日付ニュースリリースで発表した声明で、NASAは、「JAXAから宇宙ステーション向けのHTVを購入することを議論していたことは、公式にも、また非公式にもない」と明言。そのうえで、「NASAは、米国内の民間企業に委託しており、日本から輸送機を調達する予定はない」とまで言い切っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中