竹島帰属巡り米が韓国要求「丸飲み」 それでも「抗議など必要ない」のか

印刷

   日韓双方が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)をめぐる米国の対応が二転三転している。政府委員会の「地名委員会」(BGN)が、もともとは「韓国」とされていた竹島の帰属先を「主権未確定」と変更したところ、韓国側が猛反発。訪韓を直前に控えたブッシュ大統領の意向で、再び「韓国」に戻されたのだ。韓国側はこれを歓迎しているが、日本側は韓国世論を意識してなのか、抗議の予定はないことを明言している。

ブッシュ大統領がライス国務長官に再検討を指示

   発端は、BGNのウェブサイトの検索結果が、いつのまにか変更されていたことに始まる。2008年7月20日ごろまでは、同機関のウェブサイトで、竹島の別名である「リアンクール岩礁(Liancourt Rocks)」と入力すると、帰属先として「韓国」と表示されていたものが、いつの間にか「主権未確定地域」(Undesignated Sovereignty)に変更されていたことが発覚。これを7月26日ごろから韓国メディアが問題視、韓国政府の対応不足を非難した。7月28日には、駐米韓国大使が米政府に抗議するという事態に発展した。

   同日開かれた会見では、米国務省のガレゴス報道室長が

「(日韓の)どちらも支持しないというのが米政府の長年の立場」
「政策変更ではなく、政策との整合性を取った」

   などと説明。韓国側からは、8月5日から始まるブッシュ大統領の韓国訪問に対する影響も懸念する声が相次いだ。

   ところが、7月30日になって、この方針が一転。米国家安全保障会議(NSC)のワイルダー・アジア担当上級部長が、

「現時点では、変更には正当な根拠がない」

として、帰属先を「韓国」と戻す決定が下ったことを明らかにしたのだ。同部長によると、韓国政府が「極めて高いレベル」で米政府に帰属先の見直しを要求したことを受けて、ブッシュ大統領がライス国務長官に再検討を指示したのだという。一方で「変更についてわれわれの政策が変わったと韓国民に受け止められたことを遺憾に思う」とも述べており、米国の政策に変更がないことを強調している。現在では、BGNのウェブサイトを検索すると、帰属先は「韓国」と表示されるようになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中