駅で携帯充電、電気3銭分盗む 警察、女子大生を微罪処分

印刷

   神奈川県警相模原署が駅構内のコンセントで携帯電話を充電した女子大生(20)について電気代を盗んだ疑いで摘発したことが、2008年9月10日分かった。

   それによると、女子大生は8月19日未明、JR相模原駅構内でコンセントに充電器を差し込み、電気0.015ワット時、3銭分を盗んだ疑い。通行人が110番通報し、同署員が厳重注意したうえ、書類送検しない微罪処分にした。女子大生は、反省しているという。充電当時は、友人と待ち合わせ中だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中