都区制度を廃止し「東京市」に 東京商工会議所が提言

印刷

   東京商工会議所(会頭:岡村正)は、2008年9月11日に開いた第596回常議員会で、地方が個性と能力を発揮できる地方分権を推進するため、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の一都三県を一つの州とすべき、と提言。東京については現在の都区制度を廃止し、東京23区部を一体とする新たな「東京市」が必要だとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中