2018年 5月 27日 (日)

大企業の景況判断 7-9月はマイナス10.2に改善

印刷

   内閣府が2008年9月24日に発表した法人企業景気予測調査によると、7-9月期の大企業(全産業)の景況判断指数(BSI、「上昇」と回答した企業と「下降」と回答した企業の割合の差)はマイナス10.2となった。4-6月期のマイナス15.2から5ポイント改善。10-12月期の見通しはマイナス5.3だった。

   一方、中堅企業(全産業)の7-9月期はマイナス18.6、中小企業(同)はマイナス34.3だった。先行きも「下降」超で推移する見通しになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中